WEDGE 2014年 4月号(3月20日発売)掲載
事業発展計画書の威力を実感。【対談】「すしざんまい」喜代村 社長 木村 清×日本経営合理化協会理事長 牟田 學

このページに掲載している記事は、WEDGE4月号に掲載されたものと同内容です。
続きはこちらからお読みください。

「すしざんまい」喜代村 社長 木村 清氏。マグロ大王の異名を持つ、寿司チェーン店「すしざんまい」社長。航空自衛隊から水産の世界に転じたユニークな経歴の持ち主。世界の漁港に出向き、独自のマグロネットワークを構築。新年の東京築地クロマグロ初競りを3年連続最高値で競り落とし、自ら解体することで一躍人気者に。

二人の出会い

牟田 木村社長に初めてお目にかかったのは、私の「無門塾」の第一期生として入られた時ですね。
木村 25年前です。自衛隊を辞めた後、いろんなアルバイトを経て独立し、自分で商売を始めましたが、もっと経営の勉強がしたくて、牟田塾長の門を叩きました。
牟田 私の第一印象は、あなたはカラオケ業や弁当業など、なんでもかんでも儲かりそうなものに手を出していました。すごいのは、どれも失敗せずに儲かっていた。あなたは非常に動物的嗅覚の鋭い、行動力のある人だと思いましたね。
木村 ほんとにいろんな商売をやってましたが、その中で、水産会社でアルバイトをした経験をいかして、寿司屋にマグロの切り身を売る仕事をしました。当時、回転寿司が流行り始めた頃で、お店の人に安いうえに手間がかからないと大いに喜ばれましたが、それが今の「すしざんまい」に繋がっています。
牟田 私の塾では、みなさんに事業発展計画書を作ってもらうのですが、あなたはまだ一生をかけてやる事業を一つに絞りきれていなかったので、あなたの場合は、そんなに急いで作る必要はないなと思って見ていました。
木村 塾のメンバーが次々と、りっぱな事業発展計画書を作るのを横目で見て、少し焦ったことを覚えています。

日本経営合理化協会 理事長 牟田 學。社長業指導の教祖的存在。1965年「日本経済を活性化するために中堅・中小企業が成長、発展することが不可欠」との信念から経営指導機関である当協会を設立。「無門塾」など15にも及ぶ社長塾の塾長を務める。その実戦的な指導と魅力的な人柄で門を叩く人が後を絶たない。

一週間で作り上げた事業発展計画書

牟田 しかし、御社のメインバンクが破綻して、資金繰りのために、急遽、事業発展計画書を作らなければならない事態になりました。
木村 そうでした。あのときは塾長に手伝っていただいて本当に助かりました。水産関係の商売をしていた関係で、メインバンクは北海道拓殖銀行でした。バブル崩壊後の1997年に北拓が破綻し、それまで一度も滞りなく返済していた借入金の一括返済をいきなり要求されたのです。本当にひどい話ですが、倒産の危機でした。そのとき塾長は「事業発展計画書を作って、他の銀行に融資をお願いしよう、時間がないから私も手伝うよ」とおっしゃっていただいたことを今でもよく覚えています。
牟田 そうでした。私が指導する事業発展計画書は、基本的に「理念」「戦略」「戦術」「目標」という4つの体系があります。事業発展計画書とは、簡単にいえば、暗いトンネルの先に見える希望の光のようなものです。社長と社員が一体となって進むべき方向と進み方を示すものです。本来、社長一人で書き上げるものですが、あのとき、時間がなかったので分担して作ることにしました。そこで、木村社長には「理念」をまとめるようお願いしましたね。最初から短い言葉にまとめるのは難しいので、「まず事業に対する強い想い、社員に対する想いを自由に書いて送ってくれ」と。
すると、ものすごい原稿が届きました。今でもその手紙をもっていますよ。何ページにもわたって句読点が一つもない。非常に読みにくい。しかし「お客様に美味しいお寿司を食べてもらいたい」「社員ともに幸福になりたい」という、あなたの心の底からの叫び声が聞こえてくる、思わず涙が溢れるような内容でした。
木村 お陰様でその事業発展計画書を他の銀行にもっていって交渉し、危機を乗り切ることができました。その時いろいろ手掛けていた事業を清算し、残った資金で築地で始めたのが、10坪の「喜よ寿司」でした。どこよりも良心的な価格でおいしいお寿司を提供することで、行列が絶えない繁盛店になりました。このお店の延長が現在のすしざんまいチェーンです。
牟田 隣は不夜城の銀座という築地の立地をいかして、あなたは誰もやったことがない24時間営業の寿司屋をやり、開店の年に1店舗で年商が10億円を超えました。まさに日本一の寿司屋です。
木村 正直、私も驚きました。24時間営業については自衛隊で3交替制勤務を経験していましたので難しくなかった。

事業発展計画書が秘めるすごい力

牟田 現在、何店舗になりましたか。
木村 53店舗で、売上は200億円を超えました。
牟田 事業発展計画書を作ってみて経営が変わりましたか。
木村 社長と社員が同じ目線で目標に向かって進むことができる点がすばらしい。全員の励みになって、まとまりも良くなり、個人攻撃もしなくなりました。まさに魔法の書です。なによりも、事業発展計画書を毎年書くことで、状況の変化に対応でき、未来に対して、確実な布石を打っていくことができるようになりました。

さらなる成長と安定を求めて

牟田 今後、どう展開されますか。
木村 53店舗すべて直営ですが、今後は世界に出て、フランチャイズでも拡げていこうと考えています。また、東京の豊洲に2200坪の店舗をつくることも考えています。
牟田 お寿司は世界的なブームです。昨年、和食が無形文化遺産に登録され、フォローの風が吹いています。基本的に今後は業態を変えるなり、少し多角化して多店舗化を進めることが安定的に成長できる道でしょう。できれば300店舗から500店舗ぐらいつくってほしいですね。逆に1店舗に集中して莫大な資金を投入するのはバクチです。いずれにしても、拡大を急いで、クオリティーを落としてはいけませんが、やり方次第では今後、売上1千億円も夢ではないでしょう。

〔(株)喜代村〕1979年創業、寿司チェーン店
「すしざんまい」を全国展開し、現在53店舗、売上220億円。「入りやすい」「食べやすい」「高い質の接客」の三拍子揃った経営で行列が絶えない。すし職人を養成する喜代村塾を運営。
本社:東京都中央区。
ホームページ:http://www.kiyomura.co.jp/

事発発展計画書の作り方スターターキット。詳細・ご注文はこちらから。

次のページへ≫

書籍「V字経営」

名言講話CD

書籍「承継と相続おカネの実務」